自家消費太陽光発電設備

電気料金削減のご相談はこちら →

近年、低炭素社会実現に向けた
再生可能エネルギーの
導入が広がっています。

中でも太陽光で発電した電気を
売電するのではなく
自社で消費する自家消費型の
太陽光発電が注目を浴びています。

自家発電、自家消費 自家発電、自家消費

自家消費はどうおトク?

エネルギーの
自給自足によるメリット

電気代削減

電気代削減

発電した電気をそのまま自社で使用するので、電力会社から購入する電力量を減らし、電気代の削減につながります。

発電した電気をそのまま
自社で使用するので、
電力会社から購入する電力量を減らし、
電気代の削減につながります。

非常用電源として活用

非常用電源として活用

停電時になった場合でも太陽光発電を活用し、非常用の電源として電力の確保ができます。

停電時になった場合でも
太陽光発電を活用し、
非常用の電源として電力の
確保ができます。

節税効果

節税効果

「中小企業投資促進税制」などの優遇税制を使用することで節税対策につながることがあります。

「中小企業投資促進税制」などの
優遇税制を使用することで
節税対策につながることがあります。

今までの売電と比べると?

これまで太陽光発電の主な売電方法「固定価格買取制度」による買取価格は年々下落しています。

2019年度には税抜で14円と電気代と等しくなっており、昔に比べ売電のメリットが少なく、自家消費のほうがメリットが出やすくなっております。

買取価格表 買取価格表

関西エネルギーパワー施工の

太陽光自家発電設備導入による
削減事例

太陽光自家発電設備導入による削減事例イメージ

設備投資20年後電気代削減額:

3,247.9万円 削減想定

初期投資額 : 11,900万円

設備償却年数: 7.3年

太陽光自家発電設備導入による削減事例イメージ

設備投資20年後電気代削減額:

1,847.9万円 削減想定

初期投資額 : 8,043万円

設備償却年数: 8.7年

※事例に掲載の写真はイメージです。

自家消費太陽光発電設備についての
よくあるご質問

Q 設備に寿命はありますか?

A:

太陽光パネルで約20年、パワーコンディショナーで約10年~15年で交換が必要とされております。

Q 発電しやすい立地条件などありますか?

A:

南側遮蔽物がない屋根が設置するのに適しております。
北側に傾いている屋根などは発電効率が悪くなる恐れがあります。また、屋根の材質によって初期投資費用が変わりますので、お客様の屋根がどのような状況かきちんと現場調査いたします。

Q 発電しにくい日はありますか?

A:

天気によって雨や曇り、雪などにより太陽光パネルに光が当たりにくい状態であれば発電量は低下します。

新電力の代理店募集

小売電気事業の販売代理店を
募集しております。

代理店様は小売電気事業の
免許資格等は必要ありませんので、
まずはお気軽にご連絡ください。

新電力の代理店募集