空調設備のリニューアル

建物設備のお悩みご相談はこちら →

設置から15年以上経過した空調設備は
設置当時の能力を発揮できず、
無駄なコストを支払い続けている
場合があります。

空調設備を更新するメリット

空調機能の回復

空調設備の設置から数年で徐々に空調機能の低下が起こります。空調機能は施設・建物の快適性に関わるだけでなく、室温や湿度が業務や取り扱い商品の品質に関わる事業者様にとっては重大な要素です。空調機能を更新することでこうしたリスクを低減します。

快適性向上

暑い夏場や寒い冬場には特に空調設備の利用頻度や時間が多く、従業員や居住者様にの快適性を大きく左右します。経年劣化による不具合を生じた空調設備では、設定温度になかなか到達しないなど住環境に影響を及ぼすため、不具合に気がついた時点でお早めに改修・更新を行うことをお勧しております。

コスト削減

空調設備の更新により、暖房冷房機能などの効率が上がり、少ない電力でも快適に使用することが可能です。老朽化した空調設備は、暖房冷房効率が悪いだけでなく不要な電力を浪費する恐れがありますので、効きが悪いと感じた場合は清掃や点検を行いましょう。

空調設備の更新の目安

見た目に大きな変化が無くとも、空調設備を使い続ければ徐々に不調を抱えて行きます。
気がつかないうちに不要な電気代がかかってる事や居住環境に悪影響を及ぼす場合もありますので、
更新いただく目安をご確認いただき、
少しでも不調を感じたらお早めに対処することをお勧めしております。

いずれかに当てはまる場合は更新が必要な可能性がございます

  • 設置から15年以上経過している
  • 空調コストが高くなった
  • 冷房・暖房の効きが悪いと感じる
  • 変な音や嫌な臭いがする
  • 汚れやサビなどが目立つ
  • ランニングコストを見直したい

その他
「更新のタイミングがわからない」方も
お気軽にご相談ください


空調についてのご相談はこちら →

空調設備の特徴比較

エアコン設備・空調機器には冷温水システムの他、GHP(ガスヒートポンプ)、EHP(電気エアコン)などがあります。GHPは、室外機内でガスエンジン駆動させることで熱変換を行い暖房冷房を室内機送り込む仕組みの空調システムです。一方、EHPは駆動エンジンに電気モーターを使用しています。

それぞれエネルギー源の違いだけでなく、各設備における利用メリットが存在するため、建物施設や利用目的・設備環境によって適切な空調システムの選択が必要です。

GHP(ガスヒートポンプ)

  • 比較的ランニングコストが低い
  • 暖房性能が高い
  • 契約電力を抑制できる
  

EHP(電気エアコン)

  • メンテナンスの手間が少ない
  • ガス配管工事がなく、施工が早い
  • 手軽で安全
  

当社の空調設備工事

お客様それぞれに合った製品を
ご提案いたします。

快適な環境づくり・省エネ実現に向けて、どの設備がお客さまに合うか、
関西エネルギーパワーが無料でヒアリング・現地調査を行い、お客様にご提案いたします。